クレジットカード現金化の違法性に迫る

クレジットカード現金化詐欺業者は存在する【詐欺撲滅委員会】

MENU

クレジットカード現金化自体に違法性がないから利用者も急増中

誰でも急な出費が重なりお金が必要になると言うケースは考えられますし、そうなった場合にどのように対処するかを考えておく必要があります。

 

しかしいざお金が必要位なった場合にはなかなか良い案が浮かびませんし、人と言うのはつい楽で便利な方へと流されてしまいがちとなります。

 

クレジットカードの現金化はその楽で便利な方法として社会的にも認知されつつあり、クレジットカードを持っていれば誰でも現金化を行うことが可能になるため利用しやすい環境が整っているともいえます。

 

特に近年では年会費無料でクレジットカードを作ることが出来ますし、よくいくスーパーやショッピングセンターなどのカードがクレジットカード機能が付いているものになっている場合も少なくありません。

 

こういった時代背景もありますし、消費者金融もクレジットカードを提供してきているため昔に比べてクレジットカード自体が身近になってきたこともカード現金化の温床となっていると言えるでしょう。

 

基本的な事ですがクレジットカードを使用して現金を用意するという行為は本来の使い方では不可能な行為ですし、それが出来るのであればカードローンなどは一切必要ないと言っても良いでしょう。

 

クレジットカードとは別にカードローンやキャッシングが存在しているのはクレジットカード現金化と言った行為が正しい使い方ではないことを示しており、カードを利用した現金化は極めて悪質であり違法性が高い行為であると言えるでしょう。

 

しかしそのことを理解している人は非常に少ないですし、違法性があることを知らないまま便利だからと使い続けている人がいるのも事実です。

 

これはクレジットカード自体のことを正しく理解できていない人が多いということであり、現金化する行為自体に法的な罰則が無いことも利用者が今も増え続けている理由と言えます。

 

利用する側からみるカード現金化の違法性とは?

 

クレジットカードの現金化を行う場合、本来買い物の際の支払いに使用するショッピング枠を利用して現金化を行うことになります。

 

ショッピング枠は買い物にのみ使用することが許された枠となっており、カードローンなど貸金業の法律となる貸金業法とは別の割賦販売法という法律で利用を行うことになります。

 

この割賦販売法は商品を購入した際にカードで支払う際の分割払いや一括払いといった支払方法や金利などを決めている法律となっており、貸金業法で営業している貸金業とは別のくくりとなるものだと言えます。

 

そのためショッピング枠は本当であれば使用する際の用途が限定されている特別な枠となっており、それを利用してお金を用意すると言う行為は道から外れた行為だと言えるでしょう。

 

もし何も知らないままクレジットカードのショッピング枠を利用して現金化を行った場合、それは詐欺罪や横領といった罪に問われる可能性が極めて高くなります。

 

何故ならクレジットカードを利用して買い物をしたように見せかけて現金化を行うわけですので、その時点でカード会社のことを欺きクレジットカードを不正に利用していることになるためです。

 

現金化を行う場合には現金化業者を通して現金を受け取る方法と、クレジットカードを利用して商品を購入しそれを売却して現金を受け取る方法があります。

 

これはどちらの場合も詐欺罪や横領の罪に問われる可能性が極めて高いですし、知らずに利用したとしても罪に問われた際の罪の重さに変わりはないと言えます。

 

現在法律的に現金化を取り締まる方法がないため現金化自体は罪にはなりませんが、現金化を行った経緯に関しては罪に問われる可能性があるわけです。

 

そのため利用した場合には違法として罪に問われることもあるということを理解しておく必要がありますし、非常に危険でリスクが高いと考えるべきでしょう。

 

実は逮捕者も出ているクレジットカードの現金化

 

クレジットカードの現金化は確かに誰でも利用できる便利な方法ですし、カードさえ持っていれば審査なども不要なためつい手を出してしまいがちな方法と言えます。

 

しかしクレジットカードの現金化は逮捕者も出ている非常に問題のある方法であり、警察なども問題視してきている危険な方法となりつつあります。

 

逮捕されたのは現金化を行っていた現金化業者で、買取方式で現金化を行っていたことが詐欺にあたるとして摘発されています。

 

そのため現在では買取方式ではなくキャッシュバック方式といった方法に変えて現金化を行っている業者が増加していますが、その方法も本来のクレジットカードの利用方法からはかけ離れた方法となるので、いつ摘発されるかわからないと言えます。

 

もし自分が利用していた現金化業者が逮捕された場合には、そこを利用していた人の情報ももちろん調べられることになるので、そうなってしまうとカード会社に現金化していたことがばれるのは避けられない状態となります。

 

もちろんばれてしまえばペナルティとなりますし、最悪の場合は自分も詐欺罪などに問われる可能性が出てきます。

 

そう考えた場合、クレジットカードの現金化は非常にリスキーな方法ですし使用した際の違法性云々というよりも、使わないほうが正しいと考えた方が良いでしょう。

 

逮捕者がすでに出ている方法ですのでそれが意味していることは非常に重大な事だと言えますし、利用してもばれなければ大丈夫という事ではなく、そういったリスクを冒してまで現金化をする意味があるのかどうかを考えるべきだと言えます。

 

便利で手軽だけれどそこには思わぬ落とし穴が待ち構えていると言う事を知り、自分にどのようなデメリットがあるのか、どういった事態を引き起こすのかを理解すれば自ずとクレジットカード現金化の違法性も分かってくるのではないでしょうか。