クレジットカード現金化で詐欺罪や横領罪で訴えられるのか

クレジットカード現金化詐欺業者は存在する【詐欺撲滅委員会】

MENU

果たしてクレジットカード現金化をすると詐欺罪・横領罪で訴えられることはあるのか?

クレジットカード現金化を利用する人は年々増加傾向に有り、手軽に現金を手に入れる方法として徐々に浸透しつつあります。

 

このクレジットカード現金化には2種類の方法があり、一つが現金化業者を利用してキャッシュバックという方法で現金化を行う方法、もう一つが同じく現金化業者を利用するのですが、カードを利用して購入した商品を買取して貰い現金化を行う方法です。

 

キャッシュバック方式の場合は本来商品購入の身に使用できるキャッシング枠を利用しそれを業者側で現金化するため非常に違法性が高い方法であり利用者側にとってもリスクが高い方法と言えます。

 

もちろんキャッシュバック自体には問題がありませんし現金化業者側もクレジットカードの現金化とは分らないようにして現金を利用者に返す形となっています。

 

しかしもしもそれがばれた時にはカード会社からのペナルティが必ず科せられますし、悪質な現金化業者を利用してしまうと詐欺に遭うと言った問題も生じてしまいます。

 

そのためキャッシュバック方式の場合は様々なリスクが生じてしまう可能性が高くなります。

 

では買取方式の場合はどうなのかと言えば、現在買取方式で現金化を行っている業者も多く、クレカ堂といった業者の場合は高い買取率で利用者を増やしています。

 

買取式の場合は自分で商品を購入してそれを売却する為ショッピング枠の使い方としては全く問題がありませんし、クレカ堂を利用した体験談を聞いた場合には高評価をしている人も少なくありません。

 

そのため一見安全に見える買取方式ですが、実際にはこの買取方式でのクレジットカード現金化は横領や詐欺罪に当たる可能性も高い非常に危険な方法と言えます。

 

何故横領や詐欺罪に当たるのかというのを正しく理解しなければ気が付かない間に犯罪に手を染めてしまう可能性も否定できません。

 

買取り式の利用の場合は横領罪に当たることも

クレジットカードの現金化自体がそもそも非常にグレーな方法だと言えますが、その中でも買取方式と呼ばれる商品を買取って現金化をする方法は危険性が高い方法と言えます。

 

クレカ堂などを使用した場合には体験談を聞く限りでは満足度が高いと言えますが、利用した人のほとんどが詐欺や横領になるかもしれないことを知らないままクレカ堂などを利用している可能性が高いと言えるでしょう。

 

まず何故商品を売却して現金を得ることが横領になるのかと言えば、これはクレジットカードを使用することがどういったことなのかを正しく理解していないことが問題となるわけです。

 

クレジットカードを利用して商品を購入した場合、その支払いが完全に終了するまではその商品の所有権はクレジットカード会社にあると言えます。

 

商品を購入した人はクレジットカード会社がお金を立て替えているという状態になるので手元に商品がありそれを使用していたとしても所有権は無い状態となっています。

 

その状態で商品を現金化業者に対して売却してしまうと、自分のものではない商品を勝手に売却してしまったことになるため、他人のものを横領して利益を得たと判断されてしまいます。

 

この場合クレジットカードの支払いを行っても横領の罪は消えることはありませんので、自分では意識していない場合でも横領罪となってしまいます。

 

もちろん最初から現金化目的で商品をクレジットカードで購入し、それを売却してしまうことは言うまでもなく悪質ですし、それがカード会社にばれれば即時カード停止処分を科せられるとともに、横領罪としての罰則も科せられてしまう可能性が極めて高くなると言えるでしょう。

 

そのため安易にカードで購入した商品をクレカ堂などに売却するのは問題があると言えますし、そう言った使い方はさけるべきであると考えるべきでしょう。

 

詐欺罪にあたるケースもある

クレジットカードの現金化に関してもう一つの罪となる詐欺罪に関しては、利用者にも買取を行った業者側にも詐欺罪が適用される可能性があります。

 

まず利用者に関しては本来のクレジットカードの利用目的ではなく、現金化を目的として商品を購入しそれを売却しているわけですからその時点でカード会社を欺き商品を購入していることになります。

 

購入した商品を売却せずにそのまま自分で使用すればカード利用の規約に違反することはありません。

 

しかし初めから現金化目的で商品を購入した場合にはクレジットカードの利用規約には現金化を禁止する条項が記載されているわけですので、それを無視した利用はそれだけでカード会社を騙していることになります。

 

それが詐欺罪という罪にあたるわけです。

 

では買取をしているクレカ堂などは何故詐欺罪になるのかと言えば、いくら体験談などで高評価を得ていても使いやすいと評価されていたとしても、買取りによるクレジットカードの現金化はやはり他人の利益や持ち物を騙して得ていることになる可能性が高い為詐欺罪として立件される可能性が否定できません。

 

実際に買取を行っている現金化業者が詐欺罪で捕まったケースもあり、買取方式自体がすでに犯罪として認められているという事例もあるわけです。

 

そのため利用者側にも現金化を行っている業者側にも詐欺罪が適用される可能性が高く、知らないまま使用したとしてもその罪が消えることは無いと言えるでしょう。

 

横領と詐欺罪の両方の罪になる場合も少なくありませんし、そうなった場合罰金や懲役といった社会的制裁だけでなくクレジットカードが金輪際利用できなくなると言う問題も起きることになります。

 

詐欺罪も横領も重い罪ですので、それを考えた場合にはクレカ堂などの利用は非常にリスクが高いと考える必要があります。

 

結果、クレカ堂のような業者での取引は危険

クレジットカード現金化をクレカ堂などを利用して行った場合、結果的には自分にとってマイナスになる行為になる可能性が高いと言えます。

 

今のところクレカ堂を利用した体験談ではそれほど問題が無いともいえますが、すでに逮捕者が出ている買取方式ですのでもしクレカ堂が摘発された場合には利用者側にも必ず不利益がふりかかることになります。

 

本来クレジットカードの現金化自体がグレーな方法ですし、法的な罰則自体はクレジットカード現金化には存在していませんが、横領や詐欺罪といった別の罰則が適用される可能性は否定できません。

 

現在ではクレジットカード現金化を無くそうとカード会社が動いていますし、横領や詐欺罪の摘発が続けば法的な罰則がクレジットカード現金化にも科せられることになるのはそう遠い話ではないと言えます。

 

確かに特別な審査も必要なく手軽に現金化をすることが出来ますが、その方法は大きな問題を抱えていることを理解しておく必要がありますし、もし摘発されれば自分自身が犯罪者として逮捕される可能性もあるわけです。

 

もちろん逮捕されればそのことは社会的に広まる可能性も出てくるわけで、家庭崩壊や仕事を失うといった問題に発展することも十分に考えられます。

 

そのため安易なクレジットカード現金化は行うべきではありませんし、クレカ堂などの買取店の評価が高い場合でもデメリットが大きいと言う事と利用した場合には必ず支払いが残ると言うことも考える必要があります。

 

クレジットカード現金化は横領や詐欺罪に問われる恐れもある危険な方法であり、正規のカード利用ではないということ、さらにはばれないと考えて使用しているのであればそれは大きな間違いであり、何時かは必ずばれてしまい高い代償を払うことになるということを知ったうえで、現金化を行うかどうかを考えるべきでしょう。