クレジットカード現金化詐欺業者は実在する

クレジットカード現金化詐欺業者は存在する【詐欺撲滅委員会】

MENU

クレジットカード現金化と共に詐欺も増加?

お金が急に必要になった場合、どういった方法でお金を用意するのかで悩む人も少なくないでしょう。

 

一般的には貯金を利用したりカードローンやクレジットカードのキャッシング枠を利用してお金を用意するのが一般的ですし、親族や知人にお金を借りると言う方法を利用する人もいるのではないでしょうか。

 

しかし貯金を使用するといざという時にお金が無いという状況に陥る可能性もありますし、カードローンの場合は審査が面倒、クレジットカードのキャッシング枠はすでに利用しているので使えないということも考えられます。

 

親族などに借りる場合も貸してくれないとか、その後の関係にひびが入るという可能性もあるのでなかなか頼むのが難しいわけですが、そんな中利用者が増加しているのがクレジットカード現金化という方法です。

 

クレジットカードの現金化の場合、すでに持っているカードのショッピング枠を利用して現金を用意することが出来る為、カードローンのような審査も必要なく、すでにキャッシング枠が利用できない場合でもお金を用意することが出来ます。

 

なによりすでに契約しているカードを使用するわけなので、他人に迷惑を掛けることもないですし、すぐに現金化が可能なので安易に利用する人が増えているわけです。

 

しかしこの現金化は本来正規の使用方法とは大きくかけ離れているため違法性が疑われていますし、現金化を行ってくれる現金化業者の中にも詐欺を働き利用者を騙すといった業者もいると言われています。

 

現金化を行う人が増加すればするほど現金化業者も増えていき、詐欺を働く業者もそれに伴い増加していくわけです。

 

利用する側にはどの業者が安全で、どういった業者が詐欺を働く業者なのかは分かりにくいわけですので、クレジットカード現金化を利用する人が騙されるという事例がどうしても増え続けることになります。

 

詐欺を行うクレジットカード現金化業者が現れる理由

 

実際に詐欺を行うクレジットカード現金化業者は存在すると考えて間違いないわけですが、何故詐欺を行う現金化業者が現れるのでしょうか。

 

これはクレジットカード現金化を取り巻く環境が大きく関係していると言え、利用者側にも問題があるということが理由となっています。

 

本来クレジットカードの使い方としては買い物をした際に支払いに使用するのが正しい使い方であり、ショッピング枠はそれ以外に使うことが出来ない枠として存在しています。

 

お金が必要であればキャッシング枠を使用すればいいわけですので、ショッピング枠とキャッシング枠を上手く利用すれば何も問題は起きないわけです。

 

しかしお金が必要な場合は人は時として冷静な判断が出来ない状態にもなりますし、出来るだけ楽にお金を用意できないものかと考えてしまいます。

 

クレジットカードの現金化はそういったニーズにマッチした現金入手法であり、現在のところ法的な罰則も無い非常にグレーなものとなっています。

 

このことにより利用者を騙し詐欺を働く現金化業者が現れやすい環境が整っていますし、もし詐欺にあった場合にも現金化自体がグレーな扱いなので騙された利用者もそのことを表だって相談し難いということも詐欺業者にとっては好都合となっています。

 

相談すればカード会社からペナルティを科せられるのは明白ですし、少なからず現金化に対して後ろめたさを感じている場合も多いので、詐欺の事実を言い出せずにそのままにしている人も少なくありません。

 

こういった背景があるためいつまで経ってもクレジットカード現金化の詐欺業者が後を絶たないですし、利用者がいる限り詐欺業者が増え続ける可能性があるわけです。

 

詐欺を行う業者はお金を必要としている利用者の隙に付けこみ非常に功名な手口で利用者を騙すので、その手口を正しく知っておくことが重要となります。

 

実際に詐欺を行うクレジットカード現金化業者の手口とは?

 

実際に詐欺を行うクレジットカード現金化業者の手口としては、初めて現金化を利用する場合に特に騙され易い手口を利用してきます。

 

一般的な現金化業者の場合、現金化を行う際には必ず手数料と言う名目である程度のお金を差し引いて現金化を行っています。

 

この手数料というものが現金化業者の利益となるわけで、手数料として差し引かれる割合は申し込んだ金額の20〜30%にも上る場合があります。

 

これはカードローンなどを利用した場合の上限金利よりも遥かに高いものですので、貸金業法と照らし合わせた場合には明らかに違法となります。

 

しかし現金化は本来認められていない方法のためそう言った決まりが無く、業者の提示する手数料に納得した上で利用することになります。

 

詐欺を働く業者はこの手数料を非常に低く設定していたり、換金率を高い設定にしており、一般的な現金化業者よりも使いやすい、手数料などが安いので現金が多く手元に返ってくると感じさせるようになっています。

 

詐欺業者の場合換金率が95%以上を謳っていたり、手数料が10%以下と言ったような広告を展開していることが多いと言えます。

 

しかしクレジットカードを決済する場合には、業者側もカード会社に支払わなければいけない手数料が存在しているので、換金率が95%以上の場合や手数料があまりにも安価な場合は手数料の支払いをしてしまうと業者側の利益が全く生まれない、もしくはマイナスになることが考えられます。

 

そのためそういった手数料や換金率が極めて高い業者は詐欺業者である可能性が高く、利用してしまうとクレジットカードを利用した支払いだけが残り、現金は一切返ってこないという状況に追い込まれることもあります。

 

特に初めて利用する場合は甘い言葉に騙されやすいので、他の業者と比べて明らかに違う業者には注意が必要です。

 

詐欺を行うクレジットカード現金化業者を見分ける方法

 

実際に詐欺を行うクレジットカード現金化業者は手数料や換金率だけでなく、その業者自体の存在が曖昧であるということも見分けるためのポイントとなります。

 

利用してきちんと現金化を行ってくれる業者の場合、会社の住所や電話番号がHPに記載されていますし、所在を確認した場合に実際にそこに会社があることを確認することが出来ます。

 

しかし詐欺業者の場合は住所が記載されていない場合や、電話番号の記載はあるが携帯電話の番号しか載せてない、連絡がメール以外で取ることが出来ないといったケースが非常に多いと言えます。

 

住所が分らない場合はその業者に行くことも出来ませんし、電話番号が携帯の番号の場合は、解約などをされてしまうと一切の連絡手段が無くなってしまいます。

 

固定電話の場合は携帯に比べて解約が難しいですので、携帯だけの番号で営業している現金化業者は危険度が高いと言えます。

 

メールだけしか連絡手段が無い場合も、メアドを変えられてしまうと連絡できなくなりますし、基本的にメールは一方通行なのでこちらからメールしても返答がないという状況も考えられます。

 

そのため住所や電話番号などを見るだけでもその業者が安全かどうかをある程度判断することが出来ます。

 

詐欺にあわずに済む方法として最も効果的なのは、最初からクレジットカードの現金化を利用しないのが最良の方法となりますし、本来クレジットカードの現金化はリスクが高く、利用した場合には必ず返済が待っているということも理解しておかなければいけません。

 

詐欺にあってしまえば泣き寝入りせざる負えないことも考えられますので、クレジットカードの現金化は決して安全ではない方法だと考えなければいけません。

 

安易な利用は身を滅ぼす危険性もあるので、現金化の怖さを知り詐欺業者に引っ掛からないようにすることが重要です。

更新履歴